2005年07月24日

勝ち組兄弟ファン 負け組軍部ファン

鋼映画、各地で悲鳴と嬌声と歓声が上がっていることと思いますが
個人的にはアニハガ劇場版としては満足の行く作品でした。
庵さんのブログ感想があまりにも面白かったので、トラバさせて
貰いましたが、とりあえず私の方は軍部ファン視点(とうよりハボ?)
で軽くまとめてみようと思います(一度で全部書くのは無理)。

23日初日に3回観ましたが、最初に観たときはOP前から泣いてましたたらーっ(汗)
もうね、なんか結末知ってた癖に兄さんの儚げな表情とアルちゃんの頑張りに
泣かされ通しでしたよ!!!(苦笑)

もう、本当に兄弟万歳!
世界を巻き込む兄弟愛って何!?(笑)
世界大迷惑だけど、本人たち幸せになってくれればそれでOK。


で、まあハボファン的見地から言わせて貰いますと。

ハボキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


ゼイゼイ(三十路の大佐ではありません)。

一時期は出るかどうかも分からなかったので(笑)、
大画面でハボの顔と松本声が聴けただけで幸せでしたとも。
あーもう、アニメ版全51話で出てきたハボの台詞の量と比較して下さい。
シナリオブックでチェック済でしたが、それでもそれでもハートたち(複数ハート)

■ハボ登場シーンチェック(シーンナンバーはシナリオブック参照)

048:激しい吹雪(アメストリス北方)

119:中央・点描(シナリオではハボの名前ないですが、ここら辺に居たはず)

123:中央・司令部付近


あれ?3つ?(意外と少ないというより、どうみても背景キャラ)

でも本当によかったんスよ!
ハボロイスキー的にも萌えまくりでしたよ!
北方で、暖炉のそばで大佐を見つめるハボとブレダ。
そのハボの横顔むさオ ト コ マ エ です揺れるハート
雪国用コート着たハボ、矢張り長身には似合うなあ〜(惚れ増し)。

大佐が待ってるのは中尉じゃない気がする

>じゃあ誰だ(万人のツッコミ)

の部分は、ヒュロイファンの友人から
ハボはロイのことをよく分かってる」と言って貰えたほど(笑)。

りザさんの後ろにチラっとうつったハボまでチェックしましたが、
ロイがセントラルに戻ってきたときのハボの「たいさぁグッド(上向き矢印)」ってのが
むさ嬉しそうで、観てるこっちが幸せでしたよ!

ご ち そ う さ ま 黒ハート黒ハート黒ハート

(末期ハボスキーなので放置しておいて下さい)

すんません、やっぱりまとめられません。
自分の萌えどころを勝手に吐き散らし。

ロイが北方で雪だるま雪やってたことに噴き出したり、
マッチをつける手が慣れていそうで、擦る向きがお水とは逆だったり(ヲイ)
そばに暖炉があるのに、何故そちらの火を使わないのか無能、と
ツッコんだり(すみません、ファンなんです)。
眼帯つけた目の方に、死んで行った人たちの顔が浮かぶって
あんたそれシャルルボネ症候群じゃないの?と裏手ツッコミしたり。
ヒューズの墓の前に立つロイを観て、何語ってるんだろうと脳内補完したり。
ウィンリィの家に勝手に電話して、個人情報保護法に違反じゃねえかと思ったり。
いきなり軍部のテーマ曲を背負って現れて、指パッチンしまくった挙句
今までウジウジしてたのは何だったのかというくらい無駄に偉そうに(誉め言葉)
的確な指示を出して場の収拾をしちゃったりして。

お前、ホークアイ中尉に あ や ま れ !!!パンチパンチパンチ

でも「お待ちしておりました」って嬉しそうに敬礼する中尉に免じて許す。

その後も気球に乗ってどこまでも〜るんるん
で、ヘンなポーズのまま昇天していくし!!!(大爆笑)
いやもう、火の調節気をつけて下さいよ?
エド&アルに合流してからも、ありし日の大佐ぶってさ。
何気に兄弟の盾にされてたの分かってないだろう(笑)。
最後、兄さんの切り離したロケットの端に乗って落下して行ったであろう
ロイを思うと笑えて心配でなりませんよ。
アームストロングさんかハボ辺りが待機してキャッチしてくれればよし。
ってか、中尉が撃ち落すのがいいかな?(酷)

ふー、何とも収拾がつかないまま最初の感想とさせていただきます。
駄目だ、まだ脳内に観たものが残ったままで消化出来てないあせあせ(飛び散る汗)
posted by 僻目 at 16:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 公開!! ネタバレ含む。
Excerpt: 観てきました。初日初回の9:贈贈からでした。 無謀にも前夜祭で盛り上がりすぎ映族前日の睡眠時間は贈時間でした。 身体は疲れを引きずっていましたが、テンションはナチュラルハイ。精神が肉体を凌駕していま..
Weblog: 鋼の錬金術師 アニメ・原作問わず(主にロイ・マスタング大佐)
Tracked: 2005-07-26 01:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。